避妊のために避妊薬を内服する、美容への影響は?

避妊といえば思いつく方法の一つにピルの避妊薬が思いつきます。現在国内では、低用量ピルと中用量ピルが発売されています。日本でのピルの歴史はそれほど長いものではありません。現在ではそのピルによる避妊の知名度も上がって、病院で避妊薬の処方はそれほど難しくないことから、使用する人も多くなってきています。しかし、ピルはやはり経口的に摂取する避妊薬、体への副作用はないのでしょうか。以前のピルはその規格量にもよりますが、内服をすると太りやすいなどの美容上の問題が見られることがありました。現在では低用量ピルが主流であるために、そのような美容上の問題は見られなくなってきています。ただ、避妊のためにピルを内服していると、薬により、排卵を押さえ、女性の体内を一種の妊娠状態のように仕立てているので、美容上の問題はありませんが、妊娠をした時の副作用が現れることがあります。それが吐き気や気分不良などといったつわりの症状に似たものが現れるのです。ピルというのは、産婦人科やクリニックで処方してもらうものですが、やはり最初は医師からの説明をよく聞いて、自分の体質にあうものか、そして副作用は出ないかなどを観察することが大切です。またピルの避妊薬には、女性ホルモンのバランスを整える作用もあります。女性ホルモンのバランスが整っていないときには、肌荒れや疲れなど美容上の問題もあったかもしれません。しかし、少し女性ホルモンのバランスを整えてあげることによって、肌の調子がよくなってきた、月経前の月経困難症などの症状が軽くなったなど、全体的によい作用を得ることが出来るのです。ピルは決して避妊のためだけの効果ではないんですね。

ページの先頭へ戻る