避妊薬の種類とスポーツについて

スポーツなどを行っている方の場合、毎月くる生理がとてもつらい、そのように考えている、感じている女性はとても多いものです。

スポーツ自体が、過酷なものであるケースが多く、また、選手の方など、たくさんの人の応援や声援で頑張っておられる方も多いものです。

しかし、そのような試合の当日に生理日になってしまい、激痛の生理痛の中、スポーツを行わなければならないケースがあり、そのような場合、医師の診断により、低用量ピルが処方されることがあります。

低用量ピルは、避妊薬の種類として有名ですが、避妊薬としての効果だけでなく、このように生理痛が酷い、月経困難症と診断された女性にも、医師から出される種類のものです。

月経困難症の場合には、酷い人の場合、スポーツなどもってのほかであり、歩くことも困難、寝ているだけでも激痛が走るものであり、医師の診断により、またはその人自身の体調により、低用量ピルが処方されます。

避妊薬の種類として有名な低用量ピルですが、このように、スポーツを行う人が生理痛の激痛をおさえるために、医師から処方されるケースも多々あります。

そのような場合、他に飲んでいる薬はないか、また、他に体に影響を与えるような種類の薬を飲んでいないか、などの確認の後に、重要な説明などがあって、そこからはじめて低用量ピルは処方されます。

そのため、飲む時間帯、飲む方法、飲み方、飲む際の注意点がとても多くあり、薬ケースなどで保管することが求められているほど、厳重にあつかわなければならない薬であるとされています。

間違えて扱って飲んでしまうと、かえって体に悪影響となってしまうからです。

このように、避妊薬としても有名な低用量ピルは、上記のような使われ方もしています。

ページの先頭へ戻る